• 意外な所での販促品

    3471035_0

    販促品といえば、企業でのアピールのためのものでロゴがしっかり入っているのをお客さんへ配るというのが一般的です。

    それはティッシュやペン類、タオルが多いかと思われます。

    ですが意外なところでも販促品が配布されているのをつい最近知りました。

    それは同人イベントでの販促品なのです。

    同人誌、特に二次創作関係で本を買ってくれた人におまけとして限定数で配布されているんです。

    種類も様々で、しおりやポストカードは基本中の基本。

    缶バッチや紙袋からビニールポーチに布と紙のようなものでできたバッグ。

    すごいなと思うものではマグカップやひざ掛けというのもあるんです。

    お菓子への印刷?というのも見かけました。

    いかにも二次的なデザインではなく、実用的な販促品となっています。

    もちろん大元のグッズ製品に近いものはアウトなので、それは避けて作られています。

    あくまでも同人的範囲でのものです。

    昔はポストカードがついているだけでもすごく得した気分になれたのに、今ではあれこれとありすぎてそりゃ販促品目当てで並んで買う人もたくさんいるわけですね。

    ツイッターでもたまに専門の業者さんの宣伝ツイートが流れてくるので、かなりの需要はあるんでしょうね。

    とにかくすごい、の一言です。

     

    [一押しサイト]

    espi_3
    販促品を何にするか迷う
    毎年、品物を選ぶのに一苦労してますがインターネットで選ぶのが便利です。